カテゴリ:


次世代のプラグは、つねに、どっちが上で下でもよい。

そのType-Cと呼ばれるコネクタは、USB 3.1の規格の一環だ。最終決定が2014年半ばとされており、プラグのサイズは今のMicroUSBのプラグと同じになる、と言われている。また供給電力の幅が拡大し、データレートが最高10 Gbit/s近くになるなど、機能も一新される。次世代USBのプラグは今より小さくなり(MicroUSBなみ)やっと裏表がなくなる | TechCrunch Japan