カテゴリ:
心配し過ぎることはない。

違った結果を例にして説明してみよう。

クリックして、「メーカー詳細を表示」や「仕様を表示」、「レビューを見る」というようなのはウェブではとてもよくあることだ。

だまそうとした意図によるものではないし、操作しようとはだれも思っていない。
ユーザーを対象にしたテキスト(文言)だとすぐにわかる。

こういうふうにやっている限りは、心配いらない。

だけど、ユーザーに見えない、ものすごくちっちゃなボタンを使っていて、そのなかに6ページ分もテキストが埋められていて、ユーザーを対象にしたものではなくて、キーワードが詰め込まれていたとしたら、そのときは、僕らは、隠しテキストとしてみなす可能性があるだろうし、おそらく隠しテキストとしてみなすだろう。普段は隠れていてクリックすると出現するコンテンツは隠しテキストになるのか | 海外SEO情報ブログ