カテゴリ:
addiction7


くまもと禁煙推進フォーラム

 タバコ(ニコチン)は、依存のなりやすさ、使用中止の困難さ、健康被害の大きさにおいて、ヘロインやコカインなどの麻薬や覚せい剤以上の強さがあります。一方、ヘロインやコカインと比較すると、社会において非常に普及している(いつでも、どこでも購入できる)という薬物です。

より詳しくは下記リンクより。
①喫煙により脳にニコチンが到達します。
②ニコチンはニコチン受容体を介して、脳内にドパミンを放出させます。
③ドパミンは快感や快楽をもたらします。
④ニコチンは代謝され、時間とともに欠乏してきます。
⑤喫煙者は、ドパミンによる快感を回復させようとニコチンを切望します。実際にはイライラ感じています。喫煙者のいう「ストレス」です。この「ストレス」は、喫煙したことにより生じています。
⑥タバコを吸いたい、イライラ、タバコを我慢できない感覚です。この感覚は、喫煙し、ニコチンを供給することでしか解消されません。やむを得ず、次の喫煙行為に向かわざるを得ないのです。
これがタバコをやめることが非常に困難な理由です。くまもと禁煙推進フォーラム