カテゴリ:

まずはこちらでお勉強しておきましょう!

最近は音楽も完全デジタル化されたため、CDなどからパソコンや携帯音楽プレイヤーに転送し音楽を楽しんでいる方も多いでしょう。

ところで、皆さんはどのような形式でパソコンや携帯音楽プレイヤーに音楽ファイルを転送していますか。

MP3(.mp3)やAAC(.m4a)であると答えた方、これら形式は非可逆圧縮音源といってデータ容量を減らすため音のデータをある程度そぎ落としています。よって、CDから直接聴く音楽よりも音質が低下しているのです。

高いヘッドフォンやプレイヤーを購入しているのも関わらず、MP3などの非可逆圧縮音源で音楽を聴いているのは非常に勿体ないです。そうでなくても常にCDと同じ音質で聴きたい、CDデータを良い状態で保存したいと考えている方は、どうにかして改善したい問題でしょう。

そこで登場するのが、音質の劣化を伴わない音楽形式である「可逆圧縮音源」です。

この形式でCDから取り込むと、音質の劣化を伴うことなく、さらにデータ容量も抑えながらパソコンなどに転送することができます。このブログでは、「可逆圧縮音源」について数回に渡り紹介と解説をしていきたいと思います。

今回は「可逆圧縮音源」の種類と特徴を解説していきます。

高音質で音楽を聴くため可逆圧縮音源について学ぼう - 道すがら講堂
お勧めのソフトは、

Monkey's Audio
http://www.monkeysaudio.com/

圧縮する場合
まずはMonkey's Audio.exeを起動します
サルのアイコンの所の文字がCompressになってることを確認、なっていない場合そのすぐ右の下向き三角をクリックしてCompressにしてください



AddFileのアイコンをクリックしてファイルを選ぶか
アイコンが並んでいる下のFileNameなどと書いてあるリストの所にWAVファイルをドロップします
出来ていればリストに追加されます(複数可)


選び終わったら1のサルのアイコンをクリックすると圧縮が始まりますMonkey's AudioでのWAVファイル可逆圧縮