カテゴリ:
はい、どーもきゃっしーパパです。


実は最近やってたことがありまして、、、、実はWindows7へ戻しました。
ちょっと音楽ソフトが早急に必要でwindows8に現時点未対応のためダウングレードを余儀なくされました。



結論

Windows7からWindows8(優待DL版)→Windows7のダウングレードは可能です。


Windows7からWindows8にした時点でWindows7ライセンスが使えない?と言う疑問が生じたので
マイクロソフトに問い合わせたらWindows8(優待DL版)からWindows7へのダウングレードは
問題ありませんとのことでした。

ただし、と言うか当然ですがデュアルブート出来ないし、ダウングレードで空いたWindows8のライセンスは
他のPCでは使えません。

Windows8を使わなければ7は使えるし、Windows7を使わなければ8が使えると言うわけです。




Windows7へのダウングレード大まかな手順です。

パパの状況は、以前のWindows7 イメージファイル(WindowsImageBackup)を保持していたので
それを利用して7を復元します。8にして一度もバックアップをとらなかったことが幸いでした。



では、


まずWindows7のバックアップを消さないようにドライブ直下のイメージファイルデータ(WindowsImageBackup)を何処かへコピーします。 (*注意!!「WindowsImageBackup」と言うフォルダ名はWindows7でもWindows8でも同じファイル名なのでくれぐれも間違えないように!
)



Windows8に戻すことも考えバッアップをとります。
(****Windows8でバックアップをする際、Windows7のバックアップデータを上書きするので、必ず7バックアップデータは移動かコピーか複製してください)



Windows7を通常インストール



ドライブ直下のWindows8のイメージファイルデータを適当な場所へコピー移動します。

コピー移動のち、ドライブ直下のWindows8のイメージファイルは削除します。


Windows7のイメージファイルデータをドライブ直下にコピー移動します。

コンパネ「バックアップからのファイルの復元」

「システムの設定またはコンピューターの回復」

「高度な回復方法」

「以前に作成したシステムイメージを使用・・・・・」

以下省略で。。。。



ざっくりとした内容なので細々したことはお調べください。個々の状況によりますので、



そもそも、なぜこの記事を書いたかというと、
移動コピーしたWindows7のイメージファイルデータが読み込まない症状にあったからです。

原因はWindowsのイメージファイル「WindowsImageBackup」はドライブの直下

である必要があるようで、その解決に時間がかかり、それで記事に残そうと思ったわけです。



ご参考ください。まぁ何処かにあるかもしれませんが(>▽<;;