カテゴリ:
03160x


■ 太陽は燃えていない?

皆さんご存じのとおり、紙に火を近づけると紙は燃えてしまいますが、このように、物質が燃えることができるのはなぜでしょう?

それは、酸素があるからで、物質が燃えるというのは、その物質が酸素と化合する際に熱と光を発する現象のことを言います。

地球の大気には酸素が20%程度含まれているため、それを使って物質は燃えることができます。
しかし、太陽には酸素がほとんどありません。また真空の宇宙空間にも酸素はありません。

それでは、なぜ太陽はあんなに激しく燃えることができるのでしょうか。

実はこの質問自体が間違っています。

太陽は、本当は燃えてなんかいないのです。


■ 太陽が輝いている理由
■ 太陽の寿命
■ 「核融合反応」と「核分裂反応」
■ まとめ

と続きのは下記より

太陽は燃えていない? - ネタりか