カテゴリ:
今日初めてスーパーフェッチと言うモノを知った。
下記のサイトからの情報がわかりやすかったので、リンクします。

悩むね~

パソコンというもはやはり使う側にとって面倒でないモノ負担がこないモノ、ようは道具として正しくスムーズに使えるかってことよね~


ジョブズ論はまさにだね~


しかし、WINが今ここにある以上使わないといけないわけで、、、、
ここ最近WINの効率化、軽量化、合理化、など、自分なりに出来る範囲でいじってます♪
今日やったのでは、「仮想メモリ」を使用しない設定ですね~♪
勉強しながらコツコツとやります♪

■今回の調査結果から得た結論
搭載メモリ量が少ない場合、PC使用時間の長さに応じてSuperFetchの有無を切り替えた方がよい。

メモリ使用量が搭載メモリ量 - 1~1.5GBを超える状態ならメモリを増設すべき。

搭載メモリ4GBを超える場合はSuperFetchを切るべきではないが、レジストリキーを編集してキャッシング対象を制限した方がよい。

搭載メモリが6GBを超えるような環境ならば多くの場合何もいじらなくても良い。
■Windows7 SuperFetchについて調査: そんなこといわれましても>< あどばんす