カテゴリ:
NEWSポストセブン|ヒモにカネ貸した女性 相手に請求し取り戻せる可能性ある


「過去にやり取りしたメールに、お金の貸し借りがあったことを証明する文面があれば、取り戻せる可能性は十分にあります。そうしたメールが残っていなくても、自分でつけていた日記なども証拠になり得ます。全く証拠がない場合は新たに作ることを考えます。


 例えば『あなたに貸した○○万円のお金を、△年に返してほしい。返すつもりがあるのかどうか、□月までに回答して下さい』といったメールを相手に送る。それに対して『今はお金がないから、返済を待ってほしい』といった文面のメールが返ってくれば、お金の貸し借りがあったことの証明になります」(前出・中谷氏)