カテゴリ:
女児5階から転落 布団で受け止めた マンション住民連係 愛知 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
 愛知県春日井市のマンションで、5階から2歳女児が転落したものの、住民らが布団で受け止めて救助していたことが14日、分かった。女児は病院に搬送されたが軽傷で済んだという。

 春日井市消防本部によると、12日午前11時40分ごろ、同市の公団住宅「高蔵寺ニュータウン」の5階トイレの窓から、女児が首から下を外に出した形でぶらさがっているのを、草刈り作業中の女性(49)が発見。女性が叫んだところ、隣の棟に住む別の女性が気付いて119番通報した。

 さらに、住民らが急いで布団やマットを持ち出して地上で広げ、落ちてきた女児を間一髪で受け止めたという。女児は最近、トイレを覚えたばかりで、母親(26)が目を離したすきに1人でトイレに入り、便座やタンクを伝って窓から外に出たらしい。同消防本部は「住民らの行動が一つでもつながらなければ救命できなかった。素晴らしい連係で心強い」と話した。


ご家族にとっては本当にありがたい事ですよね!
よかった よかった




きゃっしーパパ的!
子供の高所についての教育方法!!

さくっと伝授します。

「高所は危ない」と教えるには「脅かす」事が一番イイかと思います!
しかし、脅かすだけではただの「高所恐怖症」になるだけなので併せて
高所の楽しみ方も教えましょう!


まず、脅かし方は「子供が高いところから外を見ている時(当然安全を確保の上でですよ! )にワッ!っと言って体を押すフリをする。」(加減はお子さんに合わせてください)ビックリすと思うので、落ちたら痛いと言うことを念入りに教えましょう! 当然脅かした後のフォローも忘れずに(。・_・。)ノ

恐怖+学習で効果大??


次は、「高いところも楽しいよ!」ってことも教えないとですね!
簡単です。

胸あたりぐらいの台に子供を立たせて、ジャンプ(または落下)した所をキャッチしてあげる!!(笑顔で)
ただ子供によっては相当びびりますので、なれるまでに時間がかかる場合もあります。

パパママがどれだけ笑顔で楽しくそのことをやっているかで子供の慣れるまで日数も変わってくると思います。



しかし、結局は教えても「やるときゃやる」ので、必ず高所がある場合は目を離さないようにしましょう!!


あと、高所の危険と楽しみ方は日頃から少しずつ教育しましょう♪
一気にやっても無駄です。子供はにじっくり教えましょう!

子供のペースで!!


あと、安全は必ず確保して下さい。やり過ぎもダメです!
もう一度言います!「子供のペース」で教育しましょう!


脅かし方、楽しみ方はそれぞれの日にやったほうがイイでしょうね♪


怪我しても責任は一切負いませんので、ご自身安全を確保してやってください☆