カテゴリ:
最近、スリープ中にマウスで復旧させようと動かしてみても復旧しない(;´∀`) また壊れた? って思って調べてみたら。

他にも、スリープ復旧後usb無線LAN子機が認識するまでに時間がかかったり、外付けusbハードディスクが認識しなかったりと。

これは、USB セレクティブサスペンドが原因かもと言う事がわかりました。

コレはwin7のシステムなので壊れたとかそんな問題でないみたい。


簡単にわかりやすくに言ったら、USBの節電モード的な物で、使ってないUSBの周辺機器は電源を切って置くという機能です。

直したい人は、異常を発見したらusbをいちいち抜き差しして元に戻すか、USBセレクティブサスペンドを無効にするかです!


私は迷わずUSB セレクティブサスペンドのオフ設定を選びました。

USBセレクティブサスペンドを無効にする事で使ってないUSBの周辺機器の電源をOFFにしないことが出来ます。

と言うことは、スリープ復旧後usb無線LAN子機が認識するまでに時間がかかったり、外付けusbハードディスクが認識しなかったり、ワイヤレスマウスが認識しなくなってスリープ復旧が出来なかったりって事がなくなるわけです。


以上、似た症状がある人はやってみましょう!!

節電はいいことであるが、いつか使うからUSBつないでる訳であって余計な事っちゃ余計ですよね(;´Д`)

中途半端な機能ですねww


で、やり方は至って簡単!

①スタートクリック

②下記入力場所(プログラムとファイルの検索)に
「電源オプション」と入力

③一番上に電源オプションが出てきたのでクリック

④右バーの「コンピュータがスリープ状態になる時間を変更」クリック

⑤青文字の「詳細な電源設定の変更」クリック

⑥枠内のUSB設定ダブルクリック

⑦USBのセレクティブサスペンドの設定ダブルクリック

⑧設定を「無効」に設定しましょう。

以上です。